test
Categories
ブログ

愛犬、愛猫など、ペットをのせている方へ!300円で車を綺麗にしましょう!

こんにちは〜。88worksです。ペットを飼われていられる方は今多数いらっしゃいます。もちろん、カットや旅行、病院に連れていくためにお車に乗せることがあるかと思います。

もちろん私も犬を飼っていますので、愛犬を車に乗せて出かけることが多数です。

だが、しかし!

実は動物の毛があると自動車の査定は大きく下がります。

当社も匂いさえなければ大幅に下げることはしませんが、多少は査定額を下げさせていただいております。

愛犬を飼うと本当に家族ですし、車に乗せないなんて考えれないです。

しかし、お車を売却される時期はやってくると思います。

そんな時、飼われているペットの毛が車に残っていると査定額に大きく響きます。

日本自動車査定協会の基準では動物の毛だけで40点の減点(約4万円)

ミニバンクラスで1時間もあれば取り除くことが可能です。

全国の旦那さん!時給4万円です!やりましょう!笑

これで高額査定を目指しましょう

今回はセレナ。下取りでいただいた時点で短毛のペットの毛がカーペットにありました。

正直長毛のワンちゃんの方が抜け毛は多いですが車を綺麗にする観点から行くと、短毛の方が厄介です。

長毛はコロコロでそれなりに取れますが短毛はカーペットの奥まで入ってしまいなかなか取れません。


私も、中古屋さんとして、いろんな道具を試しましたが…

最強はこちら…

ワークマン等に売っているゴム手袋です。

ここを擦ると…

手袋に毛がついてきます。これを掃除機でとっていきます。

画像では少なく見えますが、かなりの量の毛があります。

これを手袋で人なでしていきましょう!

さてどうなるか…

このように1拭き。

これでもなんとなく効果がわかるかと…

一拭きしただけでここまで毛が取れます。

擦った位置だけ毛がなくなります。

グローブに着いた毛は掃除機で吸っていきます。

これを繰り返しやっていくと…

ほぼ、人間で目視できる毛は無くなります!

これが…

こうなります。

このセレナで1時間ぐらいかけて動物の毛の存在を消せました!

300円ぐらいのグローブと掃除機があれば可能なDIYです。

せっかくの愛車、高額査定を勝ち取りましょう!

当社では動物の毛があっても減額は致しません。

一度ご相談ください!

その際には0568−75−8898

代表の米津までご連絡ください!

最後までありがとうございました!

Categories
ブログ

K13マーチNISMO S車高調取り付け!(リア編)

こんにちは、88worksです!前回フロントが終わりましたので今回はリア編です。

フロントに比べて、リアの取り付け難易度は優しくなります。では行ってみましょう!

まずはリアの内装をバラしていきます。

まずはクリップ!

3箇所クリップが止まっていますのでそれを外します。

外れたら、上のトリムを浮かし布の内装を外します。

すると、サスペンションのアッパーマウントが見えてきます。このゴムの部分を外します。

見えてきました。

リアは左右同時に作業していきますので、反対側も同じようにしていきます。

ここまで来ましたらリアメンバーにジャッキをかけます。ジャッキで若干車が上がったかな?ぐらいで十分です。

上げるというよりは、次の工程でリアメンバーが落ちないように支えておくイメージです。

DIYでやられる場合はウマとジャッキで同じようにしていただければと思いますが、ウマ2本で前輪が設置している場合ギアをNで作業をしないようにしましょう。

最悪の場合転がっていき重大な事故に繋がります。

ウマ2本で行う場合は必ずギアをバックにいれ、前輪に輪止めをしてから作業をすることをお勧めします。

まずはアッパーマウントのネジを外していきます。

16mmのナットと上部をモンキーで緩めていきます。左右両側とも外していきます。

外れましたら、ジャッキをゆっくり下ろしていきます。一気に降ろさず慎重に下ろしてください。

リアメンバーがゆっくり降りてきます。ダンパーがボディに引っかからないように慎重に下ろしていくとサスペンションがフリーになります。

サスペンションがフリーになったらジャッキを下ろすのをやめ、その位置で保持しておいてください。

決してジャッキを全部下さないでください。ブレーキホースなどに無理な力がかかり切れる可能性があります。

フリーになったらまずはサスペンションを外していき、次にダンパーの下部の19mmのボルトを外してダンパーも外していきます。

摘出完了しました。リアもフロント同様純正部品を再利用します。

新品の車高調です。何度見ても新品の車高調はかっこいい…笑

純正部品を組み付けていきます。予算が許すのであれば全て新品に変えるのが望ましいですが、今回は再利用可能そうでしたので再利用です。

組み付けはまずダンパーを取り付けていきます。ホイールハウスから手を入れながらアッパーマウントを取り付けていきます。

ここも純正再利用です。

アッパーマウントのナットを手締めでできる限り締めていきます。工具ではまだ締めません。

左右両方とも同じようにつけていきます。

サスペンションをリアメンバーに乗せていきます。

ゆっくりジャッキを上げていきサスペンションの上部をはめていきます。

その後もゆっくり上げていきダンパーのロアマウントのボルトが入る位置まで上げていきます。

左右両方ともボルトを規定トルクで締めていきます。

最後はアッパーマウントのナットを規定トルクで締めていきます。

16mmの板ラチェがあると時短になります!

完了しました!

前後とも吊るしの状態です。

これが純正車高。

こちらが吊るしの状態20mm車高ダウンの状態です。

フェンダーアーチからタイヤまでが約5CM。

吊るしの状態で約3CMとなりました。

元々純正で前上がり傾向なマーチNISMO S…

車高が落ちたのでどっしりした印象になりましたが、やはり前上がり感が否めません。

また、せっかくの車高調…ちょっと車高が高い…

車高を下げれば下げるほどかっこいいと思っている私笑

吊るしの状態は、メーカーがスタイル、乗り心地などを考えて作られた最高の位置ですが、

車高調ですので、ここから乗り心地を犠牲にしながらスタイルを良くするために車高を下げていくことができます!

そこから、社外アームやアライメントなどで、車高を落としてもしっかり足が動く仕様にしていくなど、本当に足回りは凝りだすと沼です笑

88worksでは取り付けた後も、あーでもないこーでもないをお客様と一緒にセッティングをしていきたいです!

取り付けて終わりでは当社はございません!

持ち込みパーツも大歓迎です!

お問い合わせは0568−75−8898米津まで是非お電話下さい!



Categories
ブログ

マーチNISMO S 車高調取り付け!(フロント編)

こんにちは〜88worksです。

今回はご購入いただいたマーチに車高調の取り付けを依頼されましたので作業手順をご紹介していきたいと思います。

今回はフロント編です。

純正状態ですとこのような感じです。若干フロント上がりのような形です。

フェンダーアーチからおおよそ7CMほど空きがあります。

今回はお客様ご要望で、BLITZのDAMPER ZZRを取り付けていきます。

私もZE0のリーフに乗っている時に取り付けましたが、値段もリーズナブルなのに乗り心地とスタイルの両立ができる車高調だなと思っておりました。

ジャッキアップしたのち、まずはアッパーマウントのネジを緩めます。

頭は六角レンチで供回り留めをし、18mmのメガネで緩めていきます。

この時ネジは外すのではなく、このぐらい手で緩むぐらいになったら一旦緩めるのをやめます。

次にホイールを外し下側を作業していきます。

ここの21mmのナット二つを外していきます。

かなり硬いので注油はもちろん、インパクトで緩めるかブレイカーバーを用意された方がいいです。

ナットが外れたらボルトはそのままにしておきます。

ブレーキホースを止めている金具を外します。

ピンを外せば簡単に外れます。

スタビライザーリンクのナットも外していきます。

16mmのナットと共周り防止に六角レンチを使います。

全部外れましたら、

アッパーマウントのネジを外して、

ナックル側のネジも外してサスペンションを外していきます。

外れました。これを反対側も同じ作業をしていきます。

左右のフロントサスペンションが外れました。

これをこちらの車高調と交換していきます。新品の車高調は本当に美しい!

ただ、K13マーチはポン付できる車高調ではなく、ある程度純正部品を組み込んでから取り付けとなります。

まずは、スプリングコンプレッサーを取り付けていきます。

ちなみに、世の中にはスプリングコンプレッサーを使わない裏技などが紹介されていますが、絶対におやめください。暴発した時のスプリングの爆発力は凄まじいです。

実際に私の知り合いは、指が無くなりました。それぐらい破壊力があります。

それもそのはず、マーチのフロントスプリングのバネレートはおおよそ4kgf/mm…スプリングを1mm縮めるのに4kgの力がいるんです。

タイヤ着地状態で65mm沈み込むため、そこで針金などで縛っても65✖️4!260kgの力が溜め込まれているわけです。それが一瞬で解放された時の力は想像を絶します。

我々不意に壁に足の小指をぶつけるだけで悶絶します。

軽自動車に成功例が多いですが絶対にお勧めしません。

絶対にスプリングコンプレッサーの代用はおやめ下さい。

ストラットマウントインシュレーターを外していきます。こちらは車高調に必要な純正部品です。新品交換が望ましいですが特に硬化やひび割れなどなければ再利用します。

外れました。ロックボルトも外していきます。こちらも再利用します。

六角と18mmのメガネを使って外していきます。

外れました。ここから、ストラットマウントベアリングを外していきます。

まずはゴム部分を外し…

このような状態にします。

外していくのですがこじったりすると変形に繋がるので、ピッタリ合うボックス等を当てがいハンマーで小突きます。

外れました。

ゴムブッシュも綺麗で、ベアリングの回転も滑らかだったため再利用していきます。

ロックナットにて取り付けていきます。

両側同じ作業をやって組み上げ完了です。

ここからは逆手順で取り付けていきます。

まずはアッパーマウントを手締めでできる限り締めていきます。

ナックル側もボルトナットを取り付けていきます。

スタビライザーのリンクロッドも取り付けていきます。

ブレーキホースのピンに…

裏の配管もしっかり固定します。

あとはトルクレンチで規定値に全部締めていきます。

取り付け完了です。

まずはフロント−20mmの吊るしの状態でつけてみました。

確かに20mm落ちてる…

フロントだけで見るとこんな感じ。

純正状態がこちら…

確かにグッと引き締まった感じがします。

ですが、せっかくご購入いただいた車高調。これでは元EK9に乗られてたオーナー様は満足されないと思うので、リアをつけて納車までにしっかりスタイルと乗り心地をセッティングしていきたいと思います。

ダウンサスと違い、全長式車高調の利点はスプリングのプリロードを変更せずに車高を変えれます。

吊るしではプリロードはほぼゼロ。

街乗りでは大切なスプリングの柔らかいところから使えます。

ただ、足回りは純正位置からサスペンションだけで上げ下げすると他のアームたちがすぐに限界に来てしまい乗り心地は必ず悪化します。

乗り心地や、操作性をさらに手に入れられたい方は社外アームの取り付けもお勧めします。

当社では車高調の持ち込み交換、中古で買われたパーツの持ち込み交換も承ってます。持ち込みだからといって上乗せ工賃を請求することもございません。

持ち込みパーツ大歓迎です。

詳しくは、0568−75−8898 代表 米津まで!

車いじりが好きな方大歓迎です!





Categories
ブログ

NーWGNのくすんだヘッドライトを新車近くまで復活させる!

今回はNーWGNのヘッドライトクリーンをやっていきたいと思います。

前回、ボディの艶を復活させた車両です。

この車両の場合ヘッドライトの黄ばみは少ないですが純正コーティングがはがれ始めており白ボケ始めていました。

コンパウンドで磨けばある程度復活しますが、コーティングがダメになっているので二週間もすれば白ボケていきます。

当社では、ヘッドライトスチーマーを使ってヘッドライトを綺麗にしていきます。

まずはヘッドライトを水洗いしていきます。水洗いせず研ぎ出すと思いもよらない深い傷がついてしまいますので必ず行いましょう。

当社はこの後エアー工具でカラ研ぎするのですが、その前に黄ばみを3Mのスーパーファインで粗方落としていきます。理由は…

何もせず空研ぎを始めるとこのように、ペーパーがすぐに詰まってしまうためです。

粗方研磨しましたら、空研ぎのために拭いていきます。

ここから、空研ぎでダブルアクションサンダーで研いでいきます。

機械研ぎの場合深い傷をつけることが少ないので空研ぎ600番から始めます。

手とぎで行う場合は必ず水研ぎで行ってください。DIYで始めて行う場合は特に深い傷をつけないために水研ぎ600番ぐらいで始めてください。

純正コーティングを全部剥がしていきます。

最終クオリティに一番直結する部分ですのでしっかり剥がしましょう。

機械研磨の空研ぎ600番が終わりました。

この下地処理時に純正コーティングが残っていると最終仕上げが綺麗に仕上がりません。

なので手研ぎの場合、やり過ぎなぐらい研ぐようにしましょう。

空研ぎを600番から800番でさらに研磨し次の段階へ。

最後の仕上げに水研ぎで3Mのウルトラファインで研磨傷を整えていきます。

研磨傷が深い場所がある場合は、一度粗い番手に戻し研磨傷を消すようにしてください!

上下に擦った場合、全ての傷が上下に、左右に擦った場合、全ての傷が左右になった場合は次の段階にいきます。

最終チェックが終えましたらエアーブローで水滴を飛ばしていきます。

DIYで行う場合はコンプレッサーが家にある方の方が少ないと思いますのでタオル等でしっかり周りの水分を無くします。

この後しっかりパーツクリーナー等を使って脱脂していきます。

今回はこちらのヘッドライトスチーマー溶液を使っていきます。

怪しげな溶液…

体に悪そう…笑

それを温めて蒸発させていきます。

多分体に確実に悪い成分ですのでマスク等はして作業されることをお勧めします。

全ての下準備が完了しましたら、スチームしていきます。

純正コーティングが全て剥がれていましたら、このような感動できる作業が行えます!

それがこちら!!

作業していくと新品のようなヘッドライトに変わっていく…

地道な下地をしたご褒美をもらっていることを感じれるぐらい綺麗になります!

なんてったって、これが…

こう!

これが

こう!

新車とはいきませんが新車並みにクリアになりました!

片側だけくすんでしまったヘッドライトや、経年劣化でくすんでしまった…

コンパウンドで綺麗にしたがすぐに黄ばんできてしまう…

純正コーティングには敵いませんが、当社では一年以上は持つ実績は持っています!

また、DIYでも可能かと思います!

DIYでやられる方は、純正コーティングを全剥がし、ペーパー目を消すを実践していただけらばDIYでも可能になります!

ご不安な方はぜひ当社で任せていただければと思います!

ヘッドライト両側6000円〜で承ります!

0568−75−8898

ハチハチワークス 米津まで

電話にてご連絡ください!

読んでいただきありがとうございます。

Categories
ブログ

艶がなくなったN-WGNをできる限り艶を出す!

こんにちは!88worksです!今日はこれ!

完全に艶のなくなったNーWGNが入庫しました。

塗装のクリアも死んでいる可能性の方が高いぐらい艶びけしています。

この車両…製鉄業で働かれている車両のため、鉄粉がすごすぎました。

なのでまずは粘土にて鉄粉を除去していきます。

やばいぐらいざらざらです。

ボンネットはそれなりで鉄粉除去はできましたがルーフがすごいことになっていました!

鉄粉をとった後…

当社ではルペスのポリッシャーを使って研いでいきます。

ルペスのビックフッドはダブルアクションなのにシングルほどの力があるのにオーロラマークがつきにくい!なので時短になります。

今回は商品化にするまでに別の仕事をもらったためルーフの半数で終わりました。時間が出来次第この後全体を仕上げていきます。

半数ですが磨くとこうなります。

ここまでは綺麗にできました!

完成まで楽しみにお待ちいただければと思います!

結局、何がダメかというと高価なディーラーのコーティングをメンテナンスもせず放置した結果です。

コーティングが割れてしまい白ボケる結果になりました。

剥がすことでそれなりの艶は戻りましたが、新車ほどには遠く及びません。

今回のNーWGNは本来であれば、他の買取業車は10万円で買取とのことでした、当社は25万円で高価買取させていただきました。

塗装が死んでいるを見て、買取金額がつかないこともあります。当社は復活できるを予想して高価買取を行っております。

塗装がダメだから…古すぎるから…汚いから…そんなので評価致しません。

値段がつかない等お車であれば必ずお値段は付けさせていただきますので是非ご相談ください!

88works

0568−75−8898までご連絡



Categories
ブログ

CR-Z ヘッドライトクリーン

こんにちわー。88workasです。今回は黄ばんでしまったCR-Zのヘッドライトを綺麗にしていきたいと思います。

今回作業する車がこちら!

黄ばんでますね…

昔の車はヘッドライトがガラスでできていたため黄ばむことはありませんでしたが、今時の車はプラスチックでできているため紫外線などの影響で黄ばんできます。

ヘッドライトが黄ばんでいると車が古く見えたり、ヘッドライトの光量が出ないなどいいことがありません…

まずはヘッドライトをの周りを養生していきます。

私は、エアー工具を使っていきます。時短になるのもですが、手研ぎは深い傷が入りやすいためです。まずは600番で研いでいきます。

手研ぎの場合は800番ぐらいで時間をかけてヘッドライトのコーティングを剥がしてください。

研磨に自信のある方は400番くらいから始めれば時短になります。

600番→800番までエアー工具で研いでいきます。

仕上げに3Mウルトラファインで削っていきます。ペーパーでやるよりも均一に研げて、深い傷がつきにくいのでお勧めです。

研ぎ終えました。だいぶ綺麗になりました。

しっかり、エアーブローして…

脱脂いていきます。この後ヘッドライトスチーマーで綺麗にしていきます。

ヘッドライトスチーマです。溶液は多分体に悪いので吸わないようにしましょう。

さて、下処理をしっかりできていればしっかり綺麗にしていけます。

どうでしょうか?かなり綺麗になりました!

写真で見ると一目瞭然!

これが…

コンパウンドで磨いても一時てきには綺麗になりますが一ヶ月もすればくすんできます。ディーラーなどのヘッドライトクリーンもありますが、ここまで綺麗になる商品は少ないと思います。新品に近いぐらいの仕上がりになります。



DIYでも全然作業可能です。

作業にご不安な方、時間がない方。一台6000円で承ります。

ぜひ、ご要望の方は0568−75−8898までご連絡ください!

Categories
ブログ

アルト ターボRS バックビューモニター取り付け!

こんにちは!88worksです!

今回は、スズキ アルト ターボRSをご注文いただきました!

バックビューモニターがなかったのでつけていきたいと思います。

DIYで皆様にとって有益になるよう写真も多めで紹介していきます!

今回はこちら、パナソニック製のバックビューモニターを取り付けていきます。

もちろん、Amazonなどの通販サイトで安いバックビューカメラもありますが、画質が悪かったり半年で映らなくなったなどがございますので、値段と信頼性のバランスが取れているこちらの商品をいつもご提案しています。

映らなくなったって聞いたことがない確かな商品です!

まずはリアバンパーを外していきます。

リアフェンダーのクリップも外していき

バックドアの調整ゴムの下に

ボルトが隠れています。

反対側も同じです。

車両下側にクリップ。

フレームにもクリップがありますので外していきます。

ナンバーもバンパーを止めている一部ですので外していきます。

外れたら、カプラーが二つあるのでそれを外していきます。

外れました。

バックビューモニターの配線を通すために内装を外していきます。

今回はここからバックビューカメラの配線を室内に入れていきます。

リアバンパーにバックビューをつけるために組んでいきます。

出来上がりました。

しっかり脱脂していきます

脱脂ができたら取り付けていきます。

取り付けれました。角度は最後微調整が入ります。

配線をバンパー内に入れていきます。

今回は同時作業で、バックランプとナンバー灯のLEDバルブ交換も承っていましたので一緒に交換。

ナンバー灯はバンパーから外さなくても外せます。

取り付けます。

バックランプ交換のために、テールランプを外していきます。

ここのネジを外していきます。

テールランプが外れました。

お客様依頼でこちらを取り付けていきます。

取り付けれました。バンパーを取り付け前に点灯確認をします!

しっかり点灯しています。

ついたのを確認したら、配線の処理をしていきます。

グロメットを切って配線を中に入れていきます。

カメラと配線を繋いでいきます。

このように配線していきます。

このままだと車内に水の侵入を防ぐために…

しっかり脱脂をして…

シリコンテープを貼っていきます。

ビニールテープでもいいですが、自己融着系ですと劣化が少ないので当社では採用しています。

取り外しの逆手順でリアバンパーの取り付けが完了しました。

配線を処理していきます。

リアドアのスカッフプレートは上に力であげれば外れます!ここに配線を隠していきます。

フロントも同じです。力づくで上に引っ張りましょう。

外れました。DIYに自信がある方であればそこまで難しい作業ではございません。

配線をオーディオ裏まで入れるためグローブボックスを外します。

次にオーディオパネルも外していきます。

オーディオパネルを外すためSMTの鉄製の工具を使います。

傷つける確率は、プラスチックに比べれば格段に上がりますが隙間に入り力をかけれるレベルは格段に違います!

外れました。

ナビを外していくため養生していきます。

さて、バックビューカメラの赤配線。アクセサリー配線に繋げないといけないのですが、分岐されていません。

エレクトロタップでもいいのですが、信頼性の観点から僕はあんまり好きではないので直結配線を作っていきます。

切り出した配線を

このようにギボシで配線を作り…

このように二股配線を作ります。

最終的にこのように作ります。エレクトロタップは便利な商品ですが、信頼性の観点からは直結には敵いません。

ここのアクセサリー電源に先ほどの配線を繋げていきます。

このように分岐ができるのでここにさしていきます。

アクセサリー電源が確保できました!

あとは、バックカメラ側のRCA端子をナビ側に取り付けて完成です!

余った配線の処理ですが…

ビニールテープとタイラップを使って処理をしていきます。

しっかり隠せました!

全部が終わり、バックビューモニター取り付けが完了しました!

アルトターボRSは色々な思惑がある、珍しい車両ですが、アルトワークスが出た後も色褪せない素晴らしい車両です。

軽自動車にGTRと同じ機構を盛り込んだんですから。

この後MT車のアルトワークスが出ます。

ただアルトワークスも作業は変わらないかと思います

困った時はご連絡ください!

0568−75−8898

できるだけご協力させていただきます!

Categories
ブログ

CKV36 スカイラインクーペリアスポイラーをカーボン調に!

在庫車ににあるスカイラインクーペ。赤色なのですが…赤系の色は直射日光にめっぽう弱いです。

理由としては赤の顔料が直射日光にめっぽう弱いことにあります。

ピンク系の色は赤の顔料が少ないので色はがれや白ボケになることが少ないですが…こうなります。

赤系の色は直射日光に弱いと思ってください。

青空駐車の方はお気をつけください!

戻りまして、この車両はしっかりガレージで保管されていたため赤色部分には色褪せ等は見受けられないのですが樹脂のリアスポイラーにはダメージを受けていたため、今回はカーボンシートをラッピングしていこうと思います!

カーボンシートです。今回は余っていた、アストロで購入したカーボンシートを使っていきます。

トランクの内装を外していき…

両面テープで止まっているためカッターを入れていきました。

作業の際はボディにに傷つかないようにするためカッターはお勧めしませんが時短にはなります!

外れたら、カプラーごと外していきます。

ここからは洗車と脱脂!

ここができてないと仕上がりに大きな差が出ます。

まずはカーボンシートにおおよそのシートを作ります。

最終はしっかりパーツクリーナーで脱脂していきます。

ヒートガンを使いながら一生懸命やってしまったため完成動画しか残っていませんでした…

なかなか苦戦しましたが、最終的にコツを掴みました!

最初は戸惑うかと思いますが取り合えず伸ばしながら辻褄を合わせていくと綺麗にできます。

とりあえずシワになったら温めて伸ばす!

これを真ん中から順に端からやっていけばなんとなくでき上がりました!

かっこいい!

赤にカーボン色って鉄板な気がするぐらい似合うんですよね!

劣化を隠す意味もありましたけどいいカスタムになりました!

このスカイライン在庫車として販売しています。

https://88works.jp

ホームページを見ていただき在庫車を検索していただければと思います。

ぜひご検討ください!

Categories
ブログ

JB64 ジムニー バックビューモニター取り付け!

こんにちは!88worksです!今日は先日M様に注文いただいたダムドジムニーにバックビューをつけて欲しいとの事でご依頼いただきました。

今回は信頼のパナソニック製のバックカメラを取り付けていきます!

画質、信頼性、料金面を考えるとパナソニック製が一番だと思います!

納車前でリアバンパーを塗ってもらうため外してある状態からスタートです…申し訳ありません!

まずは車載工具を納めている発泡スチロールを外します。

今回はここから配線を通していきます!

リアシートを外していきます。下部座面は爪で止まっているため、上にぐいっとあげてもらえれば外れます!

外れたらシート背面を固定しているボルトを外していきます!

カバーが付いていますのでこちらも爪を外して外していきます!

14mmのボックスで外していきます。

外れました。

この内側にもトリムがついていますので外していきます。

ここも14mmのボックスです!

外れました少し横によけます。今回は座席を外すのが目的ではなく配線を隠すために外しているので、横にずらせれば大丈夫です。

外す場合は大丈夫ですが、ズラす場合はシートレールがボディを傷つけてしまいますのでタオルなどを敷いて傷を防いでください。

今回は最初にご紹介したトランクフロア下から配線を車内に持ってきます!

このように切り込みを入れていきます。

このように通していきます。

通りました!ただこの位置は…

マフラーのすぐ上を通る形になりますので遮熱はしっかりしていかないといけない位置です。

マフラーに当たることは言語道断。床下をできるだけ這わしてタイラップにて固定!

もちろんタイラップも熱による劣化を考え…

出てきた配線には遮熱テープを最後につけて二重で守る形にしました!

ここからは配線を前に持っていきます。

トリムの中に隠しつつ…

トリムを外して中に配線を隠していきます!

前まで持ってこれました!

配線を処理していきます。

ナビ側にあるバックカメラ入力RCA配線に繋げていきます。

ここの絶縁は結構大切です。

私も学生の頃、テレビゲームと同じ感覚でそのままにしていたことがありますが、車両の鉄部分と接触すると火花が散ります。

車両火災にならないためにも絶縁することをお勧めします。

わかりにくいですが、オーディオのアクセサリー電源に接続していきます。社外オーディオの場合は赤色配線に接続すれば間違い無いです。

アースはナビ横で取っていきます。

あとは逆の手順で戻していきます。

椅子を取り付ける際は、必ず全部のボルトが入れてから締めていくようにしてください!

トリムもしっかりつけていきます。

しっかりつけていきます。

座面もつけていきます。こちらは爪に引っ掛けて押し込んで取り付けていきます。

前まで持ってきた配線を処理していきます。

しっかり束ねてビニールテープで縛っていきます。

オーディオ裏のスペースに隠していきタイラップで縛っていきます。

リアバンパーが届いたのでリアカメラの取り付けをしていきます。

台座を取り付けていきます。

しっかり脱脂をして…

思い切って貼り付けていきます!

純正バンパーの裏の配線にタイラップで縛っていきます!

このように縛っていきます。

もちろんタイラップのいらないところは切っていきます。

接続していきます。

取り付けれました!

角度等の微調整はこのあとやっていきます。

とりあえず!バックビューの取り付けができました!

DIYでも少しの知識があれば取り付け可能です!

ただ、配線の仕方によっては重大事故になることがある電装系…

ご不安の方はぜひご相談ください!

ネットで買ったはいいけど、やっぱりわからなくなったなど、ご相談乗ります。

0568−75−8898

いつでもご相談ください!

Categories
ブログ

家族の思い出を作るのにぴったりな一台!

こんにちは!88worksです!今日セレナが一台入庫しました!

それがこちら!

確かに、ファミリーカーの代表で家族との思い出を作る車だけどブログにするほど?

そう思ったあなた!この車はさらに、家族との思い出を作れる車なんです!

それがこちら!

えっ!?セレナじゃないの?と思われている方もいらっしゃると思います。

屋根の部分を見てください!

なんか盛り上がってますよね?

このセレナ屋根が…盛り上がっているんです。

はて、車内はどうなっているのか

冒険していきます。

何やら純正にはない穴…

ここを上に押してみます…

びっくり!!上に動いて空間が…

恐る恐る上に上がります…

空間がある!

何やら空間ができました!

何かチャックのようなものがありますので動かしてみます。

外してみると…

すごい!会社やけど景色がいい!全部外していきます!

おおおおおおおおおお!!!!

パノラマで景色が見えます!市街地ですがこれだけで感動!

さらに…

ジャジャーン!フルオープンも可能!

天体観測や、キャンプ、車中泊に!家族で楽しめる一台です!

寝床も、大人二人がゆったり寝れるほどのスペースがあるので恋人と二人で星を見に行くにもぴったりな使用です!

そうです!この車!ポップアップルーフ搭載のセレナです!

ここまで大きく開きます!お子様も喜ぶこと間違いなし!

キャンプの場合で車中泊をする場合は…

メッシュの状態で寝れば虫の侵入も抑えれます!

うちにも怪獣息子が二人います笑

今度このセレナでキャンプに行ってみようと思います笑

喜ぶこと間違いなし!

ただ、遊びで仕入れているわけではありません!もちろん商売のために仕入れていますので近くgooやカーセンサーに掲載します!

滅多に市場に出ないレアなセレナ、気になる方はぜひお問い合わせください!

値付け前であればお値打ちに販売させていただきます!

気になる方は0568−75−8898までご連絡ください!